✧*。シュガーポット✧*。

秘密のあま~い関係

私は勝手な女

Uくんと飲みに行った時に、


「誕生日おめでとう」


と初めて誕生日プレゼントを頂きました。


とっても嬉しかったけど、


付き合ってた時にして貰えてたら


もっと嬉しかったんだけどなぁ(by心の声)




きっとその裏には、


やましい、やましい下心で


一杯なんだろうけど笑




そんなことを思っていると、


「ローション持ってきた?」


と言って来ました。


ほら来た笑


思った通りだわ(。´艸`。)




ブログ友の凜さんから、


ローションはローションでも


髭剃り用のシェービングローションを


用意するのはどう??✨


とご提案があり、私も乗って


それにしようと思いました。




更に、オリジナルも


用意しておかないとな(  - ω -́  )✧


と考えたのが


ベビーオイルとからあげくん೨̣̥*♪




ベビーオイルをドンっと出して


「ジョンソンか!😂」


「おっと間違えた(。´艸`。)Շ^」


「こっちだこっち・・」


と取り出したのがからあげくん


「ローソンか!😂」




なーんて下らないやりとりを


妄想していたのですが←妄想好き


もろもろ買うお金も今は勿体ないので


何にも持っていきませんでした( ´ ▽ ` )




「なんで持ってこなかったの?」


という質問があったけど、話を変えて


スルーだよよよ〰〰〰ん🌟(๑´ლ`๑)


そうよ、持っていく気がなかったからよ♡




それからお店を出てすぐに、こう言って来た。




「ちょっとだけ休憩行こう」


「なにもしないから」


「休憩行って何するの?笑」


「お酒買ってゆっくり飲もうぜー」


「私は居酒屋でいいよ」


「それに男の人の"何もしない"は
一番信じちゃいけないやつ😂」


「あはは、そっかー😂」




これで諦めてくれたかな。。


けどUくんだし、きっとまた何か


切り出してくるんだろうな、、


なんて警戒をしつつ


電車に乗って地元へ戻りました。




駅に着き、私が自転車を取りに行くと言うと


Uくんが「俺も行くよ」


と駐輪場までつい来ることに。


私が清算を終えると、今度は


「俺が押すよ」


とらしくないことを言い、


初めて自転車を押してくれました。




ぶらぶらと歩きながら居酒屋を探していると、


早速ぶっ込んできましたわよ😂😂




「本当にちょっとだけ行かない?」


「ちょっとだけだから」


「誕生日だしさ、今日だけ行こうよ」←イミフ


「今日はいつもの俺と違うから」


「今日なら凄く優しくできる自信があるから」


とめっちゃ言って来たけれど


「優しくしてもらわなくて大丈夫です(^^;)」


「Uくんとはもうしません」


とキッパリ言う私←大人になった笑




「俺の事嫌いになった?」


「嫌いだったらそもそも会わないし」


「友達としては好きだけど、
男としては見れない」


「私はセックスを求めてる訳じゃないの」


「Uくんはしたいだけでしょ?」


「違うよ、そうじゃない」


「ただしたいだけなら、
断られたらもう帰るってなるけど
そうじゃないからこうやって粘ってるんだし」


「俺もう何回振られたと思ってる?」


「それでも好きだから」


「いつも想像しちゃって
おかしくなりそうなんだよ、、」




と、今まで見たことのない切ない顔をして


色々言ってくれたけれど、


Uくんのいう"好き"の気持ちが見えず、


言葉の裏からは、やりたいオーラしか


感じられませんでした。。




もう2軒目は行かなくていいや😓




そして面倒くさい。


眠い。


早く帰りたい。
↑気持ちが冷めるとこうも冷たい😂




ここはもう


毅然とした態度を取らねば


分かってくれないな、この人は🌀🌀


そう思ったので




「ごめんね、もう前みたいな自分は嫌だから」


「Uくんとは終わったから諦めて」


と言うと


「そっちから誘ってきたのに」


「そっちから別れて…」


「勝手だね、、、」


と下を向いて呟いたUくん。




相変わらず私の事を名前で呼ばず


方向扱いするけど、


勝手と言われて胸がちくん•••




確かにそうだよね。。。


始まりも終わりも、私からだった。




刺さる。


刺さった。


ものすごく刺さったわその言葉😭💦




私はともきんぐと出逢って


幸せでいっぱいだけど


Uくんは、、、


Uくんは、、、




だから、こんな勝手な女のことを


早く忘れて欲しい。


少し前の、日常に戻って欲しい。


って言うのもまた勝手なのかな…




でもね、これだけは言っておくけど


Uくんの事は本当に大好きだったよ。


私の気持ちが伝わらなくても、


届かなくても、


会った時にUくんが笑って楽しそうに


してくれてたから、私は頑張れた。




だけど、


だけどね、、、


頑張り過ぎて疲れちゃったんだよ。。









勝手だよね。


ごめん。。。





君の街に白い雪が降った時
君は誰に会いたくなるんだろう


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。