✧*。シュガーポット✧*。

秘密のあま~い関係

部長と甘~い蜜の時間、、、

毎度のごとくの中でいちゃこらいちゃこら、、






この頃ずっと痛くしてくるともきんぐ。






ちくび噛まれて痛いのにね、
声が出ちゃう。。






「痛くされると気持ちいいね」


「Mなの?」


「Mだから気持ちいいの?」






って耳も噛まれながら言われたら






力が入らなくなっちゃう。。






「耳、、やめて」



「ほんとに、、出ちゃうよ•••」



「おむつ履いてるんでしょ?」



「履いてます。。」



「エロい💕



「もう、ルイちゃんほんと偉い😊」



「言うこと聞きすぎて嫌じゃない、、?」



「嫌じゃない笑」



ならよかったー笑(❁´⌔`❁)



「心配しなくて大丈夫だよ」



「だって俺とルイちゃんだよ?」



いつもの笑顔に温かい抱擁。






ともきんぐ、やっぱり優しい☺️






ほんと、私には勿体無い人だなぁ~






「こうやってルイちゃんと出会ったのも偶然なのか、
必然なのか、、みたいな感じだね😊」



「ほんとに。出会えて良かった(´▿` )



「俺も」



「ねぇ、ねぇ•••」



「ちょっとだけちょーだい?」






って、ともきんぐのお酒をおねだり。






口移しで貰うお酒は格別においひー
。゚+.(∗ ˊωˋ ∗).+゚。






また「大好き」 「大好き」
ってお互い言っていっぱいちゅー。←バカッポー






顔見合っては照れて、、






なんだかこそばゆいけど、
でも大好きなんだもーん♥ﻌﻌ






「出会っちゃったからしょうがないね😊」






って言葉にもまたきゅんとして(⑉• •⑉)‥♡






ともきんぐが頭ナデナデしながら
ぎゅぅぅぅってハグハグしてくれたことにも
きゅんとして((ฅ́дฅ̀๑)♡






もうˉ̶̡̭̭( ˭̵̵̵̵ ꇴ ˭̵̵̵͈ )ˉ̶̡̭̭って、ニヤニヤが止まらない~笑






幸せ度MAXで、






「ともきちー💕」って呼んじゃった笑






「なぁに😊?」
ってちゃんと答えてくれる~ˉ̶̡̭̭ ( ´͈ ᗨ `͈ ) ˉ̶̡̭̭






おっとあぶねぇ、ニヤけ過ぎて
よだれ垂らすとこだったわ笑






もう幸せすぎて現実なのか夢なのか
分からなくなっちゃうよ。






「夢じゃない?幻じゃない?会えてる?」



「ほんとに会えてる?」



「大丈夫だよ😊」



「ルイちゃんってほんと謙虚だね笑」






って急にどーしたΣ(-`Д´-ノ;)ノ?!






謙虚?






ホーホケキョじゃなくて?( ⊙_⊙)ホケケ?






「普通の人は会って半年近く経つと
文句ばっかり言ってくるのに」



「文句なんてないよ💦」←ココでは吐くけど笑



「会えない時は怒りに変わったりするのに、」



「会って嬉しいって言ってくれるなんて😊」



「うーん、なんかね。。」



「あのね。。」



「9割は我慢って思ってるの」



「残りの1割会えたら、やったぁ✧ \\(°∀°)// ✧って笑」



「我慢してて良かったなぁって思うの」



「残りの1割で10倍返しにして、みたいな笑」



「それでも、やっぱり不安になるけどね( ˊᵕˋ ;)」



「ルイちゃんは凄いね」



「どうしたらこんな子に育つんだろう」
って言ってくれるけど、






それは違うんだよ。






ともきんぐが会った時に
"好きだよ"って言ってくれるし、
ギューって抱きしめてくれるから。






全部モヤモヤしてたこと吹っ飛んじゃうの。






それに嫌われたくないし笑←これが一番






だからLINEがなくても
会えなくても待っていられるんだよ😊






「今はこれを糧に生きてます笑」






「やっぱり人間として尊敬します😃」






なんてそんなそんな💦






こんな妙ちくりんな私を受け入れてくれる
ともきんぐの方こそ尊敬します。






でもすっごく嬉しい。ありがたいね( ⑉´ω`⑉)






暫くトークでございます💬...♪*゚






「ずっと一緒に居たい(❁´⌔`❁)」



「居てくれる?」



「俺みたいなので良かったら」



「全然一緒にいるー(❁´⌔`❁)」



「いて、いて💕」



「こんなんで良ければ一緒に居てください😊」



「いるっ( ⑉´ω`⑉)」



「えへへ、大好き💕」



「自転車で一緒に帰った時思い出す」



「楽しかったね೨̣̥*♪」



「こんなチューばっかすると思ってた?」



「喫煙所で会った時ちゅーすると思ってた?」



そんなこと聞いてきたけど
いや、いや思いまてんから笑



飲みに行くのだって思ってなかったし。



一緒に帰るとも思ってもなかったし。



「出会っちゃった?」



「出会っちゃったね😊」






なんて、バカッポー丸出しして来ましたが、






もうそろそろお時間だから、
最後のおねだり。






「ちゅーしてください。。」






ともきんぐと一緒に居ると、
時間があっという間。






手を繋ぎながらキスをして
ハグして温もりを感じてても、






幸せすぎて、"これはリアルなのかな??"
っていつも思う。






ほんとに、夢の国に行ったみたいになる。






「今度はいつ会える?」






「明日会おうか笑」






あー






しー






たー???






うん、うん、






ええで、ええで~ˉ̶̡̭̭ ( ´͈ ᗨ `͈ ) ˉ̶̡̭̭←またニヤけてる






「でも時間は守らないとね😊」



「俺とルイちゃんが会うには
家族のルールを守るのが大事」



「うんッ」



「ほら、ルイちゃんおいでッ😊」



って優しく言って手を広げてくれた。






ともきんぐが言う
"おいで"
の破壊力はスゴい。






名前呼ばれるのと、おいでって言われると






フシューって魂抜けそうになる笑






そのともきんぐの胸に
ワフーンฅ՞•ﻌ•՞ฅ♥って飛びつく。











うぁッ、壁だ•••






ともきんぐったら、
私の弱い耳を責めながらあそこもいじってきて、、






おむつごしなのに、
きもちーとこピンポイントで当ててくるんだもん。






「ともきんぐ、気持ちいぃ•••」



「いいよ、気持ちよくなって」



気持ちよすぎて



「あぁッ、、ともきんぐー、、」って名前を呼ぶと



「大丈夫、大丈夫😊」



「ほら、ちゅーは?」って、



「んッ。んー•••」



と声を出しながら舌を絡めてきて、
お互いに気持ちいい声が漏れちゃう、、、






息ができないくらいに口を塞がれてされるキス。






気持ち良すぎてキスで出てしまいました。。






「でちゃった。。」



「いいよ、出して😊」



「いっぱい出そうね」って言われると、



安心してつい蛇口が緩んじゃう、
おもらし子です・・・



「恥ずかしい•••」



「大丈夫😊」



「ルイちゃん。。」






えーん、また名前呼ばれたぁぁΣ(///□///)






むっちゅーーー((((((((ノ*´3`)ノ❤*






やーん、ともきんぐが私にちゅーしてるぅぅΣ(///□///)






🐳💕💕←でた






うわーん、
ともきんぐに反応してまた出ちゃったー(;▽;)






潮が出てるのが分かるらしく、
ともきんぐもさらに興奮しちゃって、、






耳を噛んで吹かされて、、
感じ過ぎて車の外に聞こえるくらいの声が出ちゃう。。






「も、だめッ。。声でちゃう•••」






口を自分の手で塞いでみるけど、
ともきんぐの手癖の悪さに負けて。。






つい。。。。






声も出ちゃうし、






潮も出ちゃうし、






はずかひー(´;ω;`)ウッ






「いく、、」



「いっちゃうぅぅ」



「いくって言って?」



「あっ、いくッ」



「ルイ?」



「いく?いっちゃう?」






ってともきんぐがいうと、その言葉に導かれるように






キュ〰〰〰ン💕ってなるの。






「あっ、いっちゃう」



「あ、いく」



「あー、いったぁ😊」






って、全部バレてる!!






なんか悔しい笑







むきーーーー!!🙈🙉🙊🐒←ボスザル






つづく


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。